ナッツ

ナッツのリスト

ナッツの記事

ナッツについて

ナッツ

ナッツは、脂肪、タンパク質、ビタミンが豊富な栄養価の高い食品です。 菜食主義者にとって、ナッツは絶食やダイエット中に不足している食事の要素を置き換えることができるかけがえのない製品です。

 

ナッツは、有益なビタミン、ミネラル、脂肪、タンパク質の含有量において、他の多くの食品よりも進んでいます。 同時に、ナッツの脂肪は野菜であり、コレステロールを増やすことなく心臓や血管への害をはるかに少なくします。

ナッツの利点

何らかの理由で動物性タンパク質が食事から除外されている場合、ナッツは肉の代替品です。

ダイエットにおけるナッツの利点も評価されています–高カロリーの含有量にもかかわらず、これらの果物からの脂肪は完全には吸収されず、オメガ-3酸はお菓子への渇望を減らします。 また、ナッツは毒素や毒素の除去に貢献します。 ナッツは空腹をすぐに満たし、おいしいおやつです。

ナッツには、うつ病に対処し、ストレスや神経緊張の悪影響を軽減するのに役立つ物質が含まれています。 したがって、精神的な仕事に携わる人々のためにそれらを食べることはとても重要です。 ナッツは脳にとって良い食べ物です。

穀粒から抽出された天然オイルは、皮膚、爪、髪のハーブケアとして美容に積極的に使用されています。

ナッツの害

ナッツはアレルギー性食品です。 特にアレルギーを起こしやすい場合は、新しいタイプのナッツを慎重に試し、数個以下を食べてから、反応を監視する必要があります。

すべての種類のナッツはカロリーが非常に高く、エネルギー値は500グラムあたり700〜100kcalの範囲です。 肥満の場合、特に投与量を監視する必要があり、それを超えないようにする必要があります。 XNUMX日あたりの通常の量はほんの一握りです。 ナッツは中毒性が高く、食べ過ぎやすいので、事前に適切な量を取っておくことをお勧めします。

低品質のナッツによる中毒も可能です。 たとえば、熟していないアーモンドはシアン化物を含んでいるため有毒である可能性がありますが、他のナッツは発がん性物質を生成する真菌によって攻撃される可能性があります。

幼児は窒息して気道に入るのが簡単なので、ナッツを与えないのが最善です。

適切なナッツの選び方

ナッツは生、揚げ物、殻、さまざまなスプリンクル、塩で販売されています。 ナッツを振りかけるときは、砂糖や塩の量を超えやすいので、特に注意する必要があります。

添加物がなく、殻に入っている最も有用なナッツですが、この場合、穀粒を見ずに品質を評価することは困難です。 シェルにひびが入ってはいけません。振ったときにコアが壁にぶつかることはありません。内部のボイドは結婚と見なされるか、製品の長期保管と乾燥から生じます。

示されている貯蔵寿命はXNUMXヶ月以内です。 より長い期間が示されている場合は、そのような製品を購入しない方が良いです。

多くの国が生産国であり、フランスからの最高品質のクルミ、ロシアからの松の実、そして中国からのピーナッツです。 ピスタチオはイラン諸国で大量に栽培されており、カシューナッツは中東で栽培されています。

皮をむいたナッツは室温で密閉容器に保管し、殻はキャンバスバッグに入れて保管します。

コメントを残す