野菜

野菜のリスト:

野菜の記事

野菜について

野菜

ビタミン、微量元素、抗酸化物質を提供する野菜を食べずに現代人の適切な栄養を想像することは不可能です。 どの野菜をテーブルに置くべきかを専門家と分析します。

 

栄養士は、適切な栄養は、適切な炭水化物とタンパク質だけでなく、大量の野菜、新鮮な野菜、果物を食べることにあると繰り返し続けています。 野菜の利点とそれが私たちにもたらす害は何ですか、私たちは栄養士に尋ねました。

野菜のメリット

私たちの体にとっての野菜の利点は計り知れませんが、私たちが野菜を愛し、感謝する最も重要なことは、ビタミンの供給源としてです。

野菜には、水溶性ビタミンの全範囲と脂溶性ビタミンAの前駆体であるベータカロチンが含まれています。 ベータカロチンのほとんどは、ニンジンやカボチャなどの明るいオレンジ色の野菜に含まれています。 また、私たちの健康にとって重要なのは、キャベツ(特にザワークラウト)、すべての色のピーマンに豊富に含まれているビタミンCです。 カリフラワーとマメ科植物には、大量のビタミンB9(葉酸)が含まれています。

人体は天然由来のビタミンを完全に吸収します。ビタミンの同化と活性型への移行に遺伝的障害がなければ、食事に含まれるさまざまな野菜の十分な量で、私たちの毎日の水需要を完全に満たすことができます。 -可溶性ビタミン。

さらに、野菜、特に濃い色の野菜には、抗酸化物質が大量に含まれています。 科学者たちは、毒素などの負の環境要因と戦うのに役立つ抗酸化物質の適切な供給がなければ、現代人の健康は考えられないことを発見しました。 抗酸化物質の最も豊富な供給源は、ネギ、ニンニク、キャベツ、パセリ、スイバ、ほうれん草です。

また、野菜には、造血系の正常な機能である骨粗鬆症の予防に必要なカリウム、ナトリウム、カルシウム、リンなどのミネラルが含まれていることを忘れないでください。 最も重要なことは、野菜を食べることで、最高の天然プロバイオティクスである難消化性食物繊維である繊維を摂取できるようになることです。

これらの要素のおかげで、腸内に好ましいミクロフローラが確立されます。 健康な腸のミロビオタは長寿の保証であり、これは現在、複数の遺伝子研究によって確認されています。 人がXNUMX日に消費する繊維が多いほど、マイクロバイオータの組成が良くなり、人生は長く健康になります。

通常の成人の場合、600日あたりの野菜とハーブの最小消費量は少なくとも200 gです。つまり、栄養士はXNUMX日あたりXNUMXgのレタスをXNUMXサービング食べることをお勧めします。 体内に入る繊維の量が減少すると、対応する症状が現れます–便秘、消化不良、免疫力の低下、大量の病原性微生物叢の発生。 また、食物繊維が不足していると、食物繊維であるため、胃がいっぱいになり、満腹感が長続きします。

野菜の害

野菜の害は、その栽培に使用された肥料(農薬、硝酸塩)の摂取の危険性にあります。 特に野菜を適量食べる場合は注意が必要で、肥料を使わずに栽培された有機野菜を選ぶようにしています。

胃腸管の病気が悪化しているので、新鮮な野菜を摂取してはいけません。 この場合、少なくとも最小限の熱処理が必要である、と栄養士は言います。 野菜は煮込んだり茹でたりしても効果があり、蒸したり焼いたりすることができます。

適切な野菜の選び方

自家製のきれいな野菜を選ぶのが最善です。 可能であれば、オーガニックを優先することをお勧めします。理想的なオプションは、自分で育てた庭の食べ物です。

野菜は、目に見える損傷の兆候がなく、熟している必要があります。 最も重要なことは、果物にカビがあってはならないということです。 野菜のある領域ですでに成形プロセスが開始されている場合、この製品をすべて食べることはできず、廃棄する必要があります。 実は野菜全体がすでに真菌に感染しているので、そのような果物を食べるのは危険かもしれません。

コメントを残す