穀物

シリアルのリスト

シリアル記事

シリアルについて

穀物

穀物は私たちの体に炭水化物、タンパク質、ミネラル、ビタミン、植物繊維、または繊維を充電します。

 

その組成において、穀物は、生物全体の正常な機能に関与するミクロ要素とマクロ要素の複合体全体を含んでいます。 彼らは空腹を満たし、私たちにエネルギーを与えるだけでなく、食物を吸収するプロセスそのものを助けます。

シリアルの利点

最も一般的なシリアルは、キビ、オートミール、ソバ、米です。 ほとんどの場合、ボリュームのあるお粥はそれらから準備され、スープ、キャセロール、カツレツに追加されます。

穀物には、ビタミン(A、C、B、E)、ミネラル(リン、カリウム、亜鉛)、および腸や毒素の浄化に役立ついわゆるバラスト物質の複合体全体が含まれています。

たとえば、キビは消化しやすい炭水化物やタンパク質が豊富ですが、同時にカロリーも低くなっています。 血中コレステロール値を下げ、免疫力を高め、代謝を正常化します。 セモリナは、特に下部腸に役立ちます。粘液、毒素、毒素を取り除きます。

大麦のグロートには、多くの繊維、天然の抗酸化物質、酵素、ビタミンA、PP、E、D、およびあらゆる種類のミネラル(マグネシウム、リン、コバルト、亜鉛、マンガン、鉄、モリブデン、ヨウ素、臭素、ニッケル)が含まれています。 免疫力の向上は、神経系、筋骨格系、循環器系に有益な効果をもたらします。

オートミールは、水溶性食物繊維、アミノ酸、エッセンシャルオイル、グループB、E、Kのビタミンが豊富です。ひき割り穀物は、すべての体組織を強化し、脳機能を改善し、倦怠感やストレスを和らげ、血中コレステロールを浄化します。

穀物の害

穀物にはでんぷんが含まれており、2歳未満の子供はそれを処理する特別な酵素を持っていないため、穀物は赤ちゃんの授乳には適していません。

また、穀物では、酸生成物質が体を酸性化し、アシドーシス(体の酸塩基平衡の変化)を引き起こす可能性があります。 したがって、お粥と野菜を交互に使うことをお勧めします。

穀物にはカルシウムは含まれていません。 いくつかの穀物を長期間食べると、関節、歯、爪、髪の毛に問題が生じる可能性があります。カルシウム欠乏症の最初の兆候は、吐き気、嘔吐、神経過敏、疲労感です。
適切なシリアルの選び方
いずれかのシリアルを選択するときは、その外観を調べてください。 色はその標準と一致する必要があります。 米の場合、良い穀物は白、キビは黄色などです。

高品質の製品では、異物の不純物、ごみ、カビ、破砕された穀物や壊れた穀物は見られません。 また、シリアルは(そばを除いて)顕著な臭いがないので、シリアルの香りが中性のままであることに注意してください。 異臭を感じる場合は、化学薬品を添加しているか、製品が腐っています。

シリアルの製造日と賞味期限を確認し、パッケージの気密性を確認することを忘れないでください。

コメントを残す