果物

果物のリスト

果物の記事

果物について

果物

果物は、ビタミンと栄養素の最も豊富な供給源のXNUMXつです。 カロリーが高すぎず、空腹感を和らげ、食品の特性である「ファットバーナー」を備えているため、さまざまな食事療法でよく使用されます。

 

果物は適切な栄養の不可欠な要素です。 完全な食事のためには、植物性食品を食べることが重要です。 果物の利点とは何か、そして体に害を及ぼす可能性を回避する方法を学びます。

果物の利点

果物は砂糖や不健康なお菓子の良い代替品です。 果物に甘い味を与えるフルクトースに加えて、それらは胃腸管の機能に有益な効果を持っている繊維を含んでいます。

いくつかの果物は、良い気分を維持し、その組成に含まれる特殊な物質による抑うつ状態からの回復を容易にするのに役立ちます。

果実の皮の繊維とビタミンの濃度は、果肉よりも高くなっています。 したがって、多くの果物は皮で食べる方が健康的です。


果物の害

果物は適度に消費されるべきです。 そうしないと、ビタミン過剰症、アレルギー、消化不良が発生する可能性があります。 柑橘類の乱用は歯のエナメル質の破壊につながり、高濃度の酸のために胃炎や潰瘍を引き起こす可能性があります。 消化管の病気の場合、新鮮な果物を熱処理されたものと交換する必要があります-これはそれらの組成の酸性度を減らし、同化プロセスを容易にします。 コンポート、焼きたての果物、ジャム、砂糖を準備するときは、限定的に追加する必要があります。

果物はさまざまな食事の食事に含まれることがよくありますが、果物の中にはカロリーが非常に高いものもあります。 たとえば、バナナはタンパク質が多く、サワーレモンはイチゴよりも糖度が高くなっています。 果物、特に酸性の果物を過剰に摂取すると、胃液の分泌が増加し、逆に空腹感が増します。 長期の果物の食事は体に害を及ぼす可能性があるため、食事を完全に保つために果物を他の食品と交換する必要があります。

果物や他の食品を同時に食べると、胃や腸で発酵が起こり、膨満感や腹痛を引き起こす可能性があります。 果物は他の食事とは別に、朝に食べるのが最善です。

フルーツジュースを飲むときも注意する必要があります。 パッケージジュースには有害な防腐剤や添加物が含まれているため、絞りたてのものと交換することをお勧めします。 ただし、その使用は制限する必要があります。 濃縮ジュースには、果物全体の形で消費できるよりもはるかに多くのビタミンと酸が含まれているため、XNUMX日の許容量をいつの間にか超えて、アレルギーや胃炎を引き起こす危険性があります。

適切な果物を選ぶ方法

最も有用なのは、地面の自然条件で熟した季節の果物です。 温室果実では、肥料の積極的な使用により、栄養素の濃度が低くなり、さまざまな毒素のレベルが高くなります。 果物は土壌、水、空気から毒素を吸収するため、高速道路から果物を購入したり、不利な環境条件で栽培したりすることも危険です。

熟した果物を選んでください、熟していない果物は胃のむかつきを引き起こす可能性があります。 果物は均一で、腐敗した部分や病気や腐敗の兆候がないようにする必要があります。

新鮮な果物に加えて、砂糖を含まない冷凍および乾燥した果物、天日または特別な乾燥機で乾燥したものが有用です。 ほとんどのビタミンはこの形で保存されています。

コメントを残す