シーフード

シーフードのリスト

シーフード記事

シーフードについて

シーフード

シーフードはすべて食用のシーフードです。 シーフードは、人体に有益な効果をもたらすビタミンと独特の微量元素が豊富です。

 

シーフードは機嫌やうつ病を和らげます。 シーフードをよく食べる人は、オフィスでのストレスを感じる可能性が低くなります。 したがって、都市に住む人々は、できるだけ頻繁に毎日の食事にシーフードを含める必要があります。

シーフードのメリット

シーフードの有用性は、その生化学的組成に依存します。 たとえば、エビにはさまざまな鉄、カルシウム、硫黄、マグネシウム、リンが含まれています。 タコはBとCのビタミンで強化されています。

シーフードは、多価不飽和脂肪酸であるオメガ-3とオメガ-6を大量に含んでいるという点で独特です。 これらの物質は、心臓血管系に特に有益な効果をもたらし、血管が薄くなったりプラークが形成されたりするのを防ぎます。

シーフードは血中コレステロール値を正常化し、体内の代謝プロセスを調節し、胃腸管に影響を与えます。 シーフードに含まれるタンパク質は消化しやすく、エネルギーで体を完全に飽和させます。 ヨウ素と鉄は甲状腺と脳の機能をサポートします。

一般的に、シーフードはカロリーが低く、食事の栄養によく使われます。 平均カロリー量は90グラムあたり100kcalです。

シーフードに害を及ぼす

シーフードは汚染される可能性があります。 たとえば、ワームや寄生虫(ニシンワーム)。 ウイルス感染は中毒、胃腸障害を引き起こします。 それでも、汚染されたシーフードは、脱水症、発熱、肝炎、ノーフォーク感染、およびボトキン病を引き起こす可能性があります。 したがって、未確認のシーフードサプライヤーには注意する必要があります。

もうXNUMXつの危険:シーフードには、海水とともに生物に侵入する毒素や毒物が含まれている可能性があります。 有害物質のほとんどは軟体動物に蓄積し、軟体動物はすでに海水のより大きな代表者によって供給されています。

有毒なシーフードは、胃の痛み、吐き気、頭痛を引き起こします。 けいれん、空間の見当識障害、さらには短期記憶喪失が現れることがあります。

適切なシーフードの選び方

ほとんどの場合、シーフードは冷凍で販売されています。 選ぶときは、生産日、貯蔵寿命、シーフードの外観に注目してください。 食品からの不快な臭いがあってはなりません。

冷凍パッケージ内に霜が付いている場合は、再冷凍によりシーフードが温度差になります。

高品質のエビは、均一で滑らかな色、カールした尾を持っています。 尾を広げると、エビは凍る前に死んでしまいました。 ムール貝は無傷の殻と顕著なジャグを持っている必要があります。 良い牡蠣は淡いベージュ色で、オレンジ色またはピンク色の水しぶきがあります。

シーフードを購入する際のもうXNUMXつのガイドラインは、その価格です。 グルメ食品は通常、地中海沿岸、極東、東南アジアから輸出されているため、安くはありません。 安い食べ物を買うように言われたら、おそらくその製品に何か問題があります。

生態学的にきれいな地域からのシーフードを食べることが重要です。 魚、軟体動物、甲殻類は重金属と水銀の塩をよく蓄積するからです。 したがって、短命の魚を食べる方が良いです。 XNUMX、XNUMX年の間、彼らは水銀の濃度を蓄積する時間がありません。それは人間に有毒です。

最近の研究によると、フカヒレでは水銀レベルがチャートから外れています。 シーフードのメリットは計り知れません。 まず第一に、それはよく吸収されるオメガ-3です。 より多くのリン、硫黄、セレン。 シーフードは血管の弾力性を改善し、心臓血管系と神経系に有益な効果をもたらします。

シーフードを使用した地中海式ダイエットは、WHOの成果として認められています。 シーフードには、甲状腺機能低下症の軽減に役立つヨウ素が含まれています。 ヨウ素が他の微量元素と一緒に体内に入ると、吸収がはるかに良くなります。

コメントを残す