スパイス

スパイスのリスト

スパイスの記事

スパイスについて

スパイス

調味料は、飲み物、製品、料理の味を変える香料添加物です。 古代では、スパイスは金でその重さの価値がありました。

 

世界には、塩、アニス、ゴマ、クローブ、カルダモン、バニラ、シナモンなど、約XNUMX種類のスパイスがあります。 調味料は、スープ、肉料理、魚料理、飲み物に使われます。

調味料のメリット

各スパイスは野菜由来であり、独自の有益な特性があります。

たとえば、生姜は風邪、呼吸器系の病気の予防と治療、そして体内の代謝の正常化に使用されます。

サフランは心臓血管系を強化し、血圧を正常化し、血中コレステロール値を下げます。 赤と黒のコショウは血液を分散させ、ガンの発生を防ぎ、体へのタバコの影響を中和します。

シナモンは天然の抗うつ薬です。 機嫌の悪さやうつ病を和らげ、体の調子を整え、セルライトを取り除くのに役立ちます。

糖尿病の人には、アーマントとコリアンダーが推奨されます。これらのスパイスは血糖値を下げ、血圧を正常化します。 ゴマは胃に良いです:それは粘液と毒素から腸壁をきれいにします。

調味料の害

スパイスの主な禁忌は、アレルギーが現れるために個人の不寛容です。

香辛料の栽培時に化学物質が添加された質の悪い香辛料は、害を及ぼす可能性があります。 肉、サラダ、魚の香辛料であることが示されている店の調味料には細心の注意を払う必要があります。 おそらく、これらの調味料は不自然です。

また、調味料は大量に摂取しないでください。 健康な人の5日の許容量は、6種類のスパイスのXNUMX〜XNUMXグラム以下です。

調味料は、気分を悪くする可能性のある強い刺激物です。 たとえば、セージとシナモンは発作を引き起こします。 サフランは妊娠中の女性には禁忌であり、流産のリスクがあります。

スパイスは、気管支喘息や膀胱炎に苦しむ人々には禁忌です。 また、人が多くの薬を服用している場合は、スパイスを使用することはできません。 たとえば、カレーはアスピリンを中和します。

赤唐辛子にも注意する必要があります。 熱い調味料が網膜に付着し、時間内に助けられない場合、彼は視力を失う可能性があります。
適切な調味料の選び方
スパイスを選ぶときに最初に探すべきことは、パッケージの完全性と堅さです。 理想的なオプションは、余分な湿気が入らないガラスまたは厚いボール紙です。

スパイスの小さなパッケージを選択してください。そうすれば、製品を損なうことなくすぐに使い切ることができます。 購入する前に、調味料の賞味期限を確認し、その組成を調べてください。 香料や防腐剤には大胆にノーと言ってください。

可能であれば、調味料の外部特性を調べてください。 ごみ、余分な粒子、しこり、カビ、強い臭いがあってはなりません。

保管条件。 ガラスまたは木製の容器に入れ、室温で調味料を光や湿気から遠ざけてください。 スパイスはXNUMX年まで生きます。

専門家による解説

調味料は、天然、合成、混合に大別できます。 人工酸化防止剤、染料、調味料で利用できます。 私たちは、乾燥、粉砕、抽出など、何世紀にもわたる実証済みの方法によって得られた天然のものについて話しています。 そのような調味料は、身近な食べ物の味を改善し、豊かにし、そして珍しいものにします。 彼らの助けを借りて、あなたはさまざまな味の料理をたくさん手に入れることができます。

最強の天然調味料は塩です。 スパイスのおかげで、塩の量を減らすことができます。 高血圧の方には調味料をお勧めします。 それらは腫れを減らし、体から余分な水分を取り除きます。 スパイスには抗炎症作用と抗菌作用があります。 それらは胃腸の運動性を改善し、消化をスピードアップします。 それは心臓血管系に有益な効果があります:それは血液循環を加速します。

赤唐辛子に含まれるカプサイシンは、太りすぎや糖尿病の人におすすめです。 それは消化を改善し、コレステロールが長引くことを許しません。 シナモンをお茶やコーヒーに加えて使うと、糖分も減ります。 調味料は、成分に対する個人の不寛容に有害です。 次に、消化不良の症状、胃炎、胃腸障害があります。

コメントを残す