乳製品

乳製品のリスト

乳製品

乳製品について

乳製品

乳製品は、牛乳または山羊乳から作られた食品です。 それらは、タンパク質、必須アミノ酸、およびカルシウムの優れた供給源です。

 

ミルクはあらゆる生物の主要な栄養源です。 母乳を通して、人は力を得て、生まれてから成長します。

乳製品の利点

古くから、ミルク食品は特に価値があり健康的です。 乳製品は、タンパク質、必須アミノ酸、および体の発達のための炭水化物、リン、カリウム、カルシウム、ビタミンD、A、およびB12に役立ちます。

ヨーグルト、チーズ、ミルクは歯、関節、骨に適しています。 新鮮な乳製品は、フリーラジカルと戦い、放射線の影響を減らし、有毒物質と重金属塩を取り除きます。

胃腸管の病気には、ケフィアと発酵焼き乳が推奨されます。 ケフィア菌は、有益な腸内ミクロフロールを回復し、免疫システムを強化し、腸内毒素症、慢性疲労、および不眠症と戦います。

サワークリームは、ビタミン(A、E、B2、B12、C、PP)の本当の貯蔵庫です。 骨や食道に必要です。 カッテージチーズは、カルシウムとリン、ナトリウムとマグネシウム、銅、亜鉛を多く含み、脳機能に有益な効果があることで有名です。 カッテージチーズは特に高齢者にとって有益です。

バターには、タンパク質、炭水化物、ビタミンA、B、D、E、PP、鉄、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウム、銅、亜鉛がたくさん含まれています。 オイルは神経系と脳の機能を正常化します。 しかし、この製品はカロリーが多いので、賢く使う価値があります。

乳製品の害

すべての利点にもかかわらず、乳製品はさまざまな病気の発症に寄与する可能性があります。 特にケフィア、カッテージチーズ、ヨーグルトが不自然な牛乳から防腐剤を加えて作られている場合。

多くの場合、牛乳はタンパク質乳糖に対するアレルギーまたは個人の不耐症を引き起こします。

カッテージチーズ、サワークリーム、またはチーズには、体内に蓄積する可能性のあるカゼインがあり、食品をくっつけて処理を複雑にします。

不自然な乳製品を頻繁に摂取すると、倦怠感、鼓腸、下痢、頭痛、血管の詰まり、アテローム性動脈硬化症、関節症を引き起こします。


適切な乳製品の選び方


牛乳のすべての利点を体験したい場合は、国産牛乳を優先してください。 農場の牛や山羊は病気の影響を受けないので、購入後は茹でたほうがいいです。

天然牛乳を購入できない場合は、店頭で選ぶ際に牛乳の加工方法に注意してください。 低温殺菌牛乳(63°Cの範囲内の牛乳の熱処理)、滅菌(煮沸)週を作成することをお勧めします。そこでは、すべての有用な物質が殺されます。
パッケージには、ミルクが「選択された全体」であると記載されていることに注意してください。 これは、飲み物が最高の微生物学的指標の原材料と恒久的に証明された農場から作られていることを意味します。

ケフィアを選ぶときは、製品の発売日と脂肪含有率を調べてください。 脂肪の割合が低い(2.5%未満)古いケフィアは購入しないでください。 そのような製品には実質的に何も役に立ちません。

高品質のカッテージチーズは、淡いクリーミーな色合いの白い色です。 塊が真っ白な場合、製品は無脂肪です。 良いカッテージチーズは、少し酸味があり、ニュートラルな味がします。 苦味が感じられる場合は、質量が遅れています。

ヨーグルトを選ぶときは、その組成、発売日、貯蔵寿命を調べてください。 「ライブ」ヨーグルトは50日以内に保管されます。 ヨーグルトに含まれる有益なバクテリアの数は、XNUMX日目にXNUMX%減少します。 高品質の製品には、ミルク、クリーム、ビフィズス菌、ヨーグルトスターターカルチャーが含まれている必要があります。

専門家による解説

ミルクは非常に複雑な製品であるため、ミルクが体にどれほどの利益をもたらすかを完全に理解することすらできていません。 唯一の制限は、成人が乳糖不耐症である可能性がある場合の遺伝的素因です。 その後、全乳は胃腸障害を引き起こします。 しかし、これらの人々は発酵乳食品(ケフィア)によく耐えます。 低温殺菌されたミルクでは、同じタンパク質とカルシウムが残っている有用なものは何もありません。

サーモスタットであり、通常の方法で発酵によって得られない限り、フィラー入りヨーグルトについては言うまでもありません。 チーズとカッテージチーズは、微量元素とビタミンの貯蔵庫です。 ビタミンB群、脂溶性ビタミンA、E、およびセロトニンの前駆体であるトリプトファンがあります。 良質のチーズは神経系に有益な効果をもたらします:神経の緊張と不安を和らげます。 寝る前にチーズを食べることもお勧めです。

コメントを残す